カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

実習と涙と人生

最近、よく人生規模で物事を考える。
なんてったっていまの実習はこれからの自分の価値観とかに関わってくるからー
とか思ってしまう。
まーちょっと大げさだけど、
患者さんを受け持って、その人のことを知って、現在起こっている問題を挙げるために、いろんな角度からいろんな情報を収集する。
病気を初め、価値観や生活歴なんか。

そんなことをしていると自分の人生や価値観と照らし合わせて考えてみたり、
さらにはそんな考えや生き方もあるのかーと自分自身ではないけど、何だか同じような経験をした気になる。そうやって患者さんから学ぶことが多くある。
看護の魅力かも・・・

だけど、今まで小児・老年・急性期と実習を行っている中で、毎回1度涙している。
なぜかって・・・辛いから・・・自分の非力さが。
そんじょそこらのハタチの看護学生で何ができるって話だけど、してあげたい、力になりたいとか、もっとうまくやれるはずなのに・・・とかいろんな面で、自分の知識のなさ、無力さに切なくなって、勝手に涙がポロポロと溢れる。
なぜかわからないけど、嗚咽まで出てしまったこともある。
でも、その後は今の自分にできることってなんだろうか??
って言うのが見えてくる。

どんなに患者さんが辛くても、自分は笑顔で笑ってすこしでもプラスのパワーが患者さんやその家族に伝わればいいと思う。

あー明日からもがんばろっと☆b0025520_0464368.jpg
[PR]
by minimanimai | 2004-11-22 00:47 | nurse