カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Thinking time

うちの学校の助産学の教授でもある学部長とお話してきました。
内容は院試でだめだったところ(次への課題)と将来について。

何だかやっともう一度頑張る~って思って向かったんだけど、またしても気分ふらふら。
本当に‘今’大学院に行く意味があるのか・・・
自分がそれに適しているのかどうか考えさせられ、
選ぶのは自分次第だけど、選ばなきゃいけないのは自分、自分で決めて進んでいかなきゃなんだなって思った。
何か分かりにくいかな。
選ぶ自由があるけれど、選んだ責任を果たしていけるようにならなきゃいけないとでも言えばいいのか。

結局看護とか医療ってどんな経験でも、全てが将来につながっているというか、机上の勉強だけではなくて、実践の学問・領域なんだよね。
がっつりした勉強は若いうちの方がいいのかもしれないけど、
若いだけでは経験もなく、分からないことも多くて。
要領も考え方とか思考過程とか技術も患者さんへの接し方もまだまだ半人前で。。。
何もかも未熟なんですよ。
特にうちはね!!
だからね、一人前になったり、色んなことを経験してから助産師になったとしても、助産師の資格がなくたって、ナースとして母子に関わっていくことはできるし、違う視点から学ぶことはできるから、それもそれでいいんじゃないか、「自分がいつかいい助産師さんになるんだっ」て気持ちを忘れなければ、どこでだっていい経験になる。
そんな感じで学部長に言われました。
今は諦めた方が無難って言いたいのか?
もやもやし始めました。

なるほど~確かにそうかもしれない。。。
流されやすいあたしは、あっちにどんぶらこ、こっちにどんぶらこですよ!
実際、これは今じゃ分からない問題なのかもしれんの。

また家族会議ですわ。
何か大学院って曲者・・・
大物になりたい・・・けどならなくてもいい・・・誠実に生きたい・・・
そんなお年頃?です。
またもやThinking timeですわ。。
[PR]
by minimanimai | 2005-09-26 21:28 | future